まことさんのやってみるブログ

東京在住の五十歳台おっさんの、やってみたこと・続けていることのご報告です。

【東京から西宮まで歩いてみる】7日目(2022年10月22日):静岡県掛川→静岡県浜名湖、約43km

 単身赴任中の東京から家族のいる西宮までの約600kmを、日を分けて継ぎ足し継ぎ足し歩き通してみた旅のレポートです。企画説明はこちら→【東京から西宮まで歩いてみる】企画説明 - まことさんのやってみるブログ
 朝8時半ごろ掛川駅に着いてリスタート。うす曇り、のち晴れ。
 国道や旧東海道跡に沿って市街地を淡々と西へ西へ。天竜川を越え、くらいしか書くことがない。昼過ぎに浜松市街入り。路面電車が走ってるんやねこの街。
 14時半ごろ浜松城着、も改修中で天幕に包まれて見えず。まだ時間あるな、しゃーないもうひと踏ん張りするか、とさらに西進。空にはブルーインパルスの戦闘機かな、ハートマークに矢とか煙で書いてて、歩きながら見入る。ああ足がしんどい。17時ごろ、日没に間に合って浜名湖着。夕日がキレイ。夕食に、朝から楽しみだったうなぎ。美味っ。浜名湖畔の弁天島の駅で本日終了。
湖、たそがれ、自然、空の画像のようです
食品の画像のようです
次回、広かった静岡県をようやく抜けて、愛知県突入。

【ジョギング続けてみる】2024年5月分ジョギング日誌 ※5月25日追記再掲

○2024年5月24日(金)

 夜9時半過ぎまで残業して家帰ってから、ジョグペースで1時間55分/20km。仕事上のストレスをまだまだ発散し足りず。うんざり。このあと眠れるかどうか。

 

○2024年5月21日(火)

 夜、レースペースで、47分/10km。会社でモヤモヤすることあって、夜9時半近くなってから走る。消耗していちおう収まる。こういうことあるたびに走ってるな、心身強くなれてるんだろうか。

 『 全同意 村上春樹の ジョギング観 』 まこと

 

 

○2024年5月18日(土)

 夜、レースペースにしては遅いかな、の体感で、48.5分/10km、けっこう走れてた。明日は出かける用事あって走れなさそうだし、今夜のうちに走る。無風、もう夏の夜の気配。どこからかバラの?いい香り。

 

○2024年5月15日(水)

 夜、ジョグペースで53.5分/10km。世の中の不条理について考えながらゆっくりめに走る。縁起の法則とか自業自得とか、仏教は原因→結果重視、論理的なんだよな、特に原始仏教は宗教というよりか哲学だからな、じゃあ一神教はワンマン社長とイエスマン部下みたいなもんか、そうかだからか、とか。走り始めにちらついてた小雨は、1時間ほど走る間に普通の小雨に。髪やTシャツが結構ぬれた。

 『 「小雨かな?」 走り終わって 「小雨だな……」 』 まこと

 

○2024年5月12日(日)

 夕方、レースペースで49.5分/10km。根詰めてブログ記事書いたあとで走ってたら、おっとあそこ間違えた!、と途中で気がついて後から訂正。走ってる間は筋道通った考えは私はできないんだけど、こういうふうに脈絡なく思いつくことは時々ある。あとから記憶をたどっても思い出せないことも多いけど。走り終わって近所の銭湯に行って極楽極楽。体重計ったら、ジョギング明け・メシ前とはいえ、55kgを割っててびっくり。正月頃は60kg以上あったんだけど。まあええこっちゃ。

 

○2024年5月10日(金)

 夜、トレーニングペースで4.3~4.5分/1kmを8本。ここしばらくお仕事が忙しい、わずらわしい作業も多くて気が滅入る。だいぶ消耗して少しはストレス発散になった。今日は気が向いて、しばらく前に使ってて普段使いしている古いジョギングシューズで走ってみたら、足裏の痛みがマシだった。なんなんだろ、シューズのヘタリ? 足のサイズが変わった?

 

○2024年5月6日(月)(祝)

 午前中、ジョギングペースで60分/11.5km。単身赴任先から家族のいる西宮へ帰省中。前日までの泊まりでのお出かけから帰ってきてお役御免で、武庫川河川敷を一人ジョギング。東京の街の中よりも開放的で気分がいい。小雨直前の湿度高いかんじでけっこう汗かいた。

【本読んで語ってみる】走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹

 書評じゃないです、本読んで考えたこと・やってみたことを語ってます。

=============================

 近ごろ、お仕事しててストレスを感じることが多くて、そうすると私の場合はイライラぶつぶつと独り言が増えて、周りの方々に迷惑かけてます。

 皆さん、とにかく腹が立ったとか、もう誰か何か殴りたいくらいにイライラするとか、そういうストレスがたまったとき、どうされてますでしょうか。私の場合、ストレスを貯めこむばかりではそうそう減らず、精神的にツラくもなるので、発散させたいのですが、人に当たるのは小心者なのでできず(人に当たってしまった!というストレスになります)、ブランド物の衝動買いをするほど金はなく、酒飲んだり食べたりもあまり効果がないようです。現在までの試行錯誤で、一番効果があるのは運動です。(二番目は、最近発見した、お香を焚くこと)

 とくにジョギングですね。いつもよりもスピードを上げて走る、長く走る。そうやって息が上がるくらいに走ると、いちおうは、もうええわ、今日のところは勘弁したるわ、と落ち着くことができます。しかも、このジョギングによるストレス発散には、運動した分だけ体が鍛えられるという副次的効果もあります。ストレスという負のエネルギーを、体力という正のエネルギーに変換できるわけです。ストレスをモヤモヤ抱え込むとか、無視するとか、金銭浪費とかギャンブルで発散させるとかよりも、よほど健全だしプラスの収支で完結できる、と自負しています。

 しかしながら上記の私の見解は、私オリジナルなものでは全くもってありませんで、全て村上春樹さんの受け売りです。標題の村上さんの本には、『腹が立ったらそのぶん自分にあたればいい。悔しい思いをしたらそのぶん自分を磨けばいい。』とあります。名言。この本に限らず、様々な著作で、様々な表現で、このことが語られていて、ずいぶん前から私もそれに強く感銘を受けて実践させていただいているわけです。

 ご存知かとも思いますが、村上さんは著述業のかたわら、ジョギングを日課とされていて、表題の本の中には、五十歳台半ばにしてハワイでの8月の一カ月で350キロ走ったとの記載もあります。フルマラソントライアスロンの大会にも若いころから毎年のように出続けているという、市民ランナーにしてもかなり本格的に走ってらっしゃるかたです。標題の本は、そんな村上さんの、ジョギング切り口の自伝、とでもいえるもので、なるほどなーと共感できるポイント多数です。

 村上さんの小説ももちろん好きなのですが、エッセイやルポタージュもそれを上回るくらい面白い。このかた、思考の流れが実に論理的で明快で、かつ、その論理の行き着く先がとてもラディカルでオリジナルなように思われます。ファンであるとともに、文章を書くもののハシクレとしてこうありたいと思う目標のお一人です。

 ではでは。

 

 

【フォークリフト免許取ってみる】技能講習1日目;座学

 思いついてフォークリフトの運転免許をとることにしました。端的にいうと、車の運転免許を取りに自動車教習所に通うように、フォークリフトの教習所の技能講習に参加してきました。この座学・実技の計4日の技能講習を受けて、最後に行われる実技テスト(運転のテスト)に合格すれば、フォークリフトの運転資格(免許)が得られます。今回私が受けたのは、東京都葛飾区の『東京クレーン学校』さんの、最大荷重1トン以上のフォークリフトの運転の資格が得られる、普通自動車運転免許所持者用の技能講習。4日間ありまして、その第1日目のレポートです。

heiwabashi.co.jp

 当日朝8時前、東京都新小岩あたりの住宅街の中の『東京クレーン学校』さんに到着。自動車学校併設で、コース内を朝から教習中のバイクがブンブン走り回ってた。f:id:bp-makoto:20240520210704j:image

 講習室には同じ講習を受けに来た皆さんが10名ほど。別の講習を受けに来たかた10名ほどと一緒に講義を受講。年配の方もいたけど、若いかたのほうが多いな、やっぱり。

 1日目は朝8時から夕方4時頃まで、みっちりと座学。この座学は6時間必要ですよと法律で決まっている。そう難しい内容ではなく、講師のかたが機械装置概要、点検整備、関連法規、などを解説してくれるのを、テキストを見つつひとまずは聞いていればいい。力学的授業もあり。中学くらいの物理の授業を受けてるかんじ。運転操作方法も解説してくれるけど、これは実際に運転してみないと当然分かんないなー。安全についても大事。決して安全なもんじゃない、毎年数十名の死亡事故が発生しているそう。教本の事故事例読み物が興味深かった。

f:id:bp-makoto:20240520210735j:imagef:id:bp-makoto:20240520210924j:image

 計6時間の講義を受けて、最後にテスト。講師のかたの「ここマルしといてくださーい」をちゃんとメモっていれば問題ないレベル。点数は分からないけど、たぶん余裕でクリア。参加者全員合格だと思われ。

 座学はこの日のこれで終了、次回から3日間はいよいよ運転技能の講習。楽しみー。

 

 

【ギター弾き語ってみる】その2;ほろ酔い/あいみょん

 どもども、まことです。

 リクエストいただきました、東京都のまことさん、「あいみょんさんの『ほろ酔い』をお願いします!」。

 ありがとうございます。えー私、この歌は最近まで知らなかったんですよね、あいみょんさんの歌は好きだし、ギターでも弾きたくなったりするので、YouTubeとかでですがほかの歌手のかたのよりは聞いていたんですが、お恥ずかしい話です。今年の正月にタクシーに乗りまして、ぼーっとしてたらラジオから流れまして、油断してたんで泣きそうになりました。いやウソです、ちょっと泣きました。それくらい、その時の私にはしみました。河島英五さんなんかを彷彿とさせる世界観ですね。

 それではお聞きください、あいみょんさんで、『ほろ酔い』です。

@strage_of_makoto ほろ酔い/あいみょん (Horoyoi/Aimyon) #弾き語り #ギター #jpop #guiter ♬ オリジナル楽曲 - bpmakoto - まこと

 ……まあまあ、かな。ほろよい『は~』とか、俺『をお~』とか、気持ちよかった。

 ではでは。

【東京から西宮まで歩いてみる】6日目(2022年4月30日):静岡県焼津→静岡県掛川、約35km

 単身赴任中の東京から家族のいる西宮までの約600kmを、日を分けて継ぎ足し継ぎ足し歩き通してみた旅のレポートです。企画説明はこちら→【東京から西宮まで歩いてみる】企画説明 - まことさんのやってみるブログ
 焼津駅に朝8時半ごろ着いてリスタート。雲多めの晴れ。
 午前中のうちはひたすら西へ歩く歩く。昼前に大井川越え。世界最長の木造橋だという蓬莱橋、900mほどあるんだそう、風情あってよろし。

     

 川を渡って台地に上がると、そこは一面の茶畑。低く長い畝の茶の葉を、葉刈り専用車みたいなので刈り取ってた。夏も近づく八十八夜。こんな山も発見。木で『茶』って書いてある。

 進むうちに旧東海道に合流して、その昔は難所だったという、小夜の中山の峠を越える。ところどころで結構な急坂。途中のお寺の池で、木の上のモリアオガエルの卵塊を初めて見て感動。
 峠を越えたあとはスムーズに進む。掛川城まわりは結構にぎやか。午後4時半ごろに掛川駅について、本日終了。

 山の中のあちこちの道端に、野良の茶の木が生えてた。試しに葉を少し摘んで家に持って帰って、電子レンジで蒸して乾かしてお茶にしてみた。ちゃんとお茶の匂いと味がして、思ったよりもおいしかった!

【ギター弾き語ってみる】その1;マリーゴールド/あいみょん

 どもども、まことです。

 リクエストいただきました、東京都のまことさん。「まことさんこんにちは。あいみょんさんの『マリーゴールド』をリクエストします」。

 ありがとうございます。あいみょんさん、いいですよね、新しいなかにも懐かしいテイストがあるというか。声質や節回しにもあいみょんさんらしさがあって、あっこれあいみょんさんの歌じゃない?って分かるかんじ。

 歌詞とコードの譜面(コード譜)の無料検索サイトがいくつかあって、私も愛用させていただいてまして、あいみょんさんの歌はギター弾きのかたにも人気あるんですが、特にこの『マリーゴールド』は大人気です。ランキングベスト3のうちにたいてい入ってるかんじです。

 というわけで聞いてください、あいみょんさんで、『マリーゴールド』です。

@strage_of_makoto マリーゴールドあいみょん (Mmarigold/Aimyon) #ギター #弾き語り  #jpop #guitar ♬ オリジナル楽曲 - bpmakoto - まこと

 ……間違ったとか言ってますね、やる気ねえな(笑)、まあええわ。

 ではでは。